スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

あの日の事。

「昨日の事。」と言う日記を書いてからの出来事です。

あの日記を書いてから、どうしても綺麗にしてあげたくて綺麗にするスプレーを使ってブラッシングをして、右側のはぐ汁を拭いてバリバリに固まった部分を綺麗にしました。
バリバリの部分は無理して剥がすと痛いから、「ムー」って言いながら怒ってました。

元々、午前中に来る予定だったJちゃんが「夜でもいい?」って連絡が来たんだけど、どうにも疲れが溜まっていて正直に伝えてお昼頃に来てもらいました。

Jちゃんがずっと言い出せなかった「ちぇーちゃんも連れて行っていい?」の言葉に「もちろん!」と答えました。
ずっとずっと連れて来てって言おうと思ってたのに、何故か言えなかった一言。

それが、この日はお互いが同じ気持ちになったようです。

DSCN3371.jpg
一緒に写真を撮りました。
この時はコレが最後になるなんて思わなかったな~。

その後、Cママが来てくれました。
しばし、お話をしていた時、ふいに「向きを変えてあげなくちゃ」と思い、左を上にしました。
そしたら、左側もはぐ汁で酷い事に・・・。
お話しながら、綺麗に拭き拭き。

Cママがお帰りになり、所要を済ませ、お昼を食べていた時の事。

呼吸がおかしくなりました。

やけにゆっくりと・・・。

コレはおかしい。
ちょうど、母も一緒にいたので、すぐさま二人で声を掛けましたが、すでに意識は全くない様子。
すぐに父も呼んで見守りました。

ゆっくり呼吸から一度伸びをして・・・。
この伸びが横向きに寝てた時、前足を後ろ足の方に伸ばす伸びで、いつも見ていたような伸びでした。
まるで、すべてのモノから解放されてリラックスしているかのような。

それから、引き呼吸だけになりました。

実はこの日、午後遅くにAママ&Nさん、Aママが来てくれることになっていたんです。
ただ、まだ来てなくて、このままでは会わずに逝ってしまう。
そんな思いから「最後のお願い!!Aママたちが来るまで頑張って!!」と声を掛けてしまったんです。

それが聞こえていたのか、引き呼吸は30分近く続きました。

その間にメーアーと きいなを傍に連れて来て、一緒に見守りました。
きいな は はぐみ の投げ出された前足を一生懸命ホリホリしていました。
まるで、「お姉ちゃん、遊ぼうよ~。」と言っているようでした。

ずっとずっと声を掛け続けました。
感謝の気持ち、もう楽にしていいよって・・・。

そして、呼吸が止まりました。
その後、さっきまでしっかりと脈打っていた心臓も止まりました。


2013.9.13 14時54分

息を引き取りました。


はぐみは精一杯生きたんだと思います。
一生懸命、病気と向かいあい最後まで戦ったんだと思います。

その証拠に最期は本当に穏やかでした。
声をあげる事ものけぞる事も暴れる事も全くなく。
本当に静かに逝きました。

こちっがビックリするくらいあっけなく逝ってしまいました。

ただ、今思えばすべて準備を整えられたんだと思います。

明け方にうんちょすをした事、ちっちをした事、どうしてもブラッシングをしたくなった事、Jちゃんとちぇーちゃんを呼んだ事。

そして、間もなく学校が始まる事。

予感はしてたんです。

きっと、9月一杯だろうって。
病気を宣告されてから、余命3ヶ月かなって・・・。

はぐみは賢い子です。
すべてを自分でスケジュールを決めて、ワタシたちはそれに乗っからせられたんだと思います。

最期まで綺麗に。


ワタシでもビックリするくらい大人でした。
ずっと赤ちゃんだと思っていたのに、いつの間にか大人になっていました。

改めて はぐみってすごいんだ~って思ってしまいました。

その後からドタバタ。

お見舞いに来る予定だったAママ達も途中で連絡をしたので、お花を持って来てくれました。
その後もお友達やアジ仲間のママが駆け付けてくれました。

夜にはもう一度Jちゃんも。
もう一人、Jちゃんのお客さまも。

嘘みたいな信じられない、そんな一日でした。
スポンサーサイト

別窓 | はぐみ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<翌日。 | きらきら☆HUG☆ME☆ | ご報告。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| きらきら☆HUG☆ME☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。